小倉輝久さん:障がいのある子どもたちとお母さんのアタッチメントを育むベビーマッサージ

療育センターで園長をされている小倉さんは、発達に支援を必要とする子どもとその家族が取り組むことのできる営みとして、ベビーマッサージを取り入れています。

川島美保さん:「子育て支援」は「親支援」から

看護師養成や保育士養成を行う多くの大学は、地域貢献の目的で子育て支援活動をしています。この活動の一環として、川島さんは子育て支援団体を立ち上げました。

杉原美代子さん:医院を地域の子育てハブとして機能させる取り組み

杉原さんは、産婦人科医院で看護師として勤務し、この医院に通うマタニティ期から産後までの親子に対して、母親教室やベビーマッサージ教室を開催しています。

受講生の声

実際に受講された方々の受講後の感想をご紹介させていただきます。

年齢に合った遊びと関わり方があり、いろんなアプローチによって本当に楽しく成長をサポートしてあげられるんだろうなと思いました

今は、頭がパンパンで上手く整理がつきませんが、年齢に合った遊びと関わり方があり、いろんなアプローチによって本当に楽しく成長をサポートしてあげられるんだろうなと思いました。
保育の現場で働いたこともなく、手探り状態で幼児と関わり、遊びを考えたり、ママに助言したりしているところです。また、今回いかに自分が至らないかを知り、学びの面白さや知る価値を感じているところです。
れい子先生のお話、引き出しの多さ、笑顔、全てが尊敬と憧れでした。また、れい子先生の講義の日に参加したいです。とてもとても勉強になりました。復習、実践して力をつけたいです。ありがとうございました。

その他(自営業)  静岡県  [プレスクール・あそび発達7期]

より学びが深まり0歳~の乳児期の愛着形成がすごく大切なことを再確認できました

私が毎日接している子どもたちへの対応は間違ってはいなかったことが理論的に分かりました。また、より学びが深まり0歳~の乳児期の愛着形成がすごく大切なことを再確認できました。
子どもたちや保護者の方によりよいものを提供できるように頑張ります。

その他(ジュニアスポーツインストラクター)  福岡県  [プレスクール・あそび発達7期]

様々な子育て理論から子育ての段階やいつ何が重要なのか学べることができ、段階にあった対応をしていきたいと思いました

様々な子育て理論から子育ての段階やいつ何が重要なのか学べることができ、段階にあった対応をしていきたいと思いました。色々な可能性を持った子どもの無限の能力を尊重し、引き出してあげて大きな人へと成長できるようサポートしたいと思いました。

 富山県  [プレスクール・あそび発達8期]

これからは非認知能力を子どもと一緒に日常の中で育てていきたいと思います

認知能力ばかりを今まで気にしていたのですが、これからは非認知能力を子どもと一緒に日常の中で育てていきたいと思います。

主婦  埼玉県  [プレスクール・あそび発達8期]

地元へ持ち帰りアウトプットしていきたい

非認知スキルの事について、とても分かりやすく説明されていて、自分が保護者に説明するための使える文面がたくさんあった。頭では分かっていても言語にするのは不得意なので、これからもたくさん講座に参加して理論を勉強し、地元へ持ち帰りアウトプットしていきたい。

保育士  秋田県  [プレスクール・あそび発達6期]

学習として講座を受けるだけではなく、実際に子どもに触れて体験したい

心理学の部分は本で読んでいたが理解できていなかった。その部分を分かりやすく、また経験数の少ない私にも分かるよう、具体的な子どもの行動も出しながら、講座を進めて頂けたので理解しやすかった。学習として講座を受けるだけではなく、実際に子どもに触れて体験したい。

 福岡県  [プレスクール・あそび発達6期]

事前にベビーキッズあそび発達講座も受けていたので、今回のプレスクール講座と合わせて、一環したより深いアタッチメント育児への理解ができたと思います。

保育士  神奈川県  [プレスクール・あそび発達6期]

非認知スキルによって人生・人生観までが変わってしまう

改めて乳幼児期のアタッチメントの重要性を感じました。非認知スキルによって人生・人生観までが変わってしまうほどの重大な発達段階の時期に一緒に関わっている自分にとって、再度自分を見つめ直し、子ども達の取り組んでいる姿や考え方・やり方に共感しながら接していきたいと思います。
また、保護者の方にも具体的な言葉で伝えるところも学ばせていただけました。数値化できないスキルについて認知スキルを取り入れながら見方を変え、たくさんの遊びにつなげていきたいです。

その他(児童館職員)    [プレスクール・あそび発達4期]

非認知スキルとは具体的にどういったものか、どの時期に一番獲得していくと良いのかといった、具体的な関わり方を知れた

非認知スキルとは具体的にどういったものか、どの時期に一番獲得していくと良いのかといった、具体的な関わり方を知ることができ、とてもためになりました。
成功体験であそびを終わらせられる様に関わっていくといった内容は、今後、意識して子どもとの遊びにすぐ取り入れられるので、行っていきたいと思います。ベビー・キッズからプレスクールまでの流れを知ることができ、より保護者に見通しをもって伝えていけるので、受講して良かったです。

保育士  千葉県  [プレスクール・あそび発達4期]

保護者が近くで見守ったりすることで、心のケアにもなると気づきました

遊びが学びとなるということを学んできましたが、”遊び”も「無目的」であったり、保護者が近くで見守ったりすることで、心のケアにもなると気づきました。また、心が育つことが、身体や脳の成長の土台となっていると学びました。うまくまとめられませんが、保護者の方へどのように伝えていくか、子ども達にどのように接していくのか、家に帰って整理したいと思います。

保育士  岐阜県  [プレスクール・あそび発達4期]

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山 2-15-14 パックス金山4階

このページの先頭へ