小倉輝久さん:障がいのある子どもたちとお母さんのアタッチメントを育むベビーマッサージ

療育センターで園長をされている小倉さんは、発達に支援を必要とする子どもとその家族が取り組むことのできる営みとして、ベビーマッサージを取り入れています。

川島美保さん:「子育て支援」は「親支援」から

看護師養成や保育士養成を行う多くの大学は、地域貢献の目的で子育て支援活動をしています。この活動の一環として、川島さんは子育て支援団体を立ち上げました。

杉原美代子さん:医院を地域の子育てハブとして機能させる取り組み

杉原さんは、産婦人科医院で看護師として勤務し、この医院に通うマタニティ期から産後までの親子に対して、母親教室やベビーマッサージ教室を開催しています。

受講生の声

実際に受講された方々の受講後の感想をご紹介させていただきます。

乳幼児期における「アタッチメント食育」の必要性、重要性を伝えていきたいです

初めは緊張しましたが、とても楽しく、充実した2日間となりました。乳幼児期は人格形成の基礎となる時期でもあるため、母親との関係は最も重要であり、アタッチメントの必要性を改めて学べました。また「食育」と言っても幅広く乳幼児期においてはあまり浸透していないのが現状ですが、乳幼児期こそが大切であることを実感できました。今回学んだ知識を活かして、乳幼児期における「アタッチメント食育」の必要性、重要性を伝えていきたいです。
講座の内容はとても分かりやすく、先生の娘さんから得た経験など具体例を交えてお話してくださったので、さらに理解が深まりました。充実した論文が作成できるようさらに頑張ろうと思います。

その他(学生)  埼玉県  [アタッチメント・食育62期]

食が体の成長だけでなく、心の成長につながることを具体的に知ることができました

食が体の成長だけでなく、心の成長につながることを具体的に知ることができました。「栄養学」「心理学」「歯学」と多方面から改めて考えることができ、受講者とワークを通してお互いの生活背景や考え方を知ることができ、学びが深まり、楽しく学ぶことができました。2日間わかりやすい講義をしてくださった先生に感謝しています。
特に2日目の子どもの成長と食の変化は「プレママ」「授乳期」「離乳食」も助産師として関わる中で大切な時期なので、もう一度振り返り、現場でアドアイスできるように深めたいと思います。

助産師  岡山県  [アタッチメント・食育62期]

先生のお人柄もよく出ていて内容は濃かったですが、あたたかな雰囲気のオンラインセミナーでした

オンライン受講ということで、始まる前まではパソコン環境は大丈夫か、接続が悪かったらどうしよう、集中できるかなどなど、実際につながるまではとても心配でしたが、始まってみたらとても聞きやすく資料も画面で共有してくださり、テキストより字が見やすく助かりました。
先生の講義もとても親しみやすく、具体的に身近な話題をあげての説明で、テキストにもメモをきちんととることができました。早口でもなければ、ゆっくり過ぎることもなく、他の方も言われていた通り、飽きずに最後まで集中することができました。先生のお人柄もよく出ていて内容は濃かったですが、あたたかな雰囲気のオンラインセミナーでした。
とにかく、「子は宝」ですので、大切な宝物を持たれたママ達にもっと「子育てを楽しく」感じてもらえるようにアタッチメントを伝え広げていきたいです。

その他(ベビーシッター)  愛知県  [アタッチメント・食育62期]

講師の方とのマンツーマン感があって、身近に感じながら受講することができました

今回はベビーマッサージに次いで、2回目のオンライン講座でしたが前回と同じくすごく講師の方とのマンツーマン感があって、身近に感じながら受講することができました。
内容もすごくボリュームがあるので、しっかりと学んで全てを身につけていきたいです。

 大阪府  [アタッチメント・食育62期]

自分も経験してきたことに対しては共感しつつ、今後迎えるステージに対してはどう向き合っていけばいいのかを何となくイメージすることができました

歯科医師として、父親として、子どもが健全に育っていくためにはどうしたらよいのか、またそれに悩んでいる親にはどのような声掛けをすればよいのか、ということを考えていました。受講してみて、1歳未満の子を持つ親として、自分も経験してきたことに対しては共感しつつ、今後迎えるステージに対してはどう向き合っていけばいいのかを何となくイメージすることができました。これから妊娠、出産、子育てを控えている方にとっては非常に有益な内容だと感じました。

その他(歯科医師)  奈良県  [アタッチメント・食育53期]

当たり前のことなんて世の中には1つもないこと、アタッチメント食育を通して自分自身の「今」を振り返ることができました

とにかく心温まる講座でした。何度も泣きそうになりました。自分のいる環境は、ほんの一部にしか過ぎず、世の中には見えていないことが沢山たくさんあること、今こうして子ども達と食卓を囲めていることのありがたさ、今日ここに勉強会に参加させてもらえていることの有難さ…当たり前のことなんて世の中には1つもないこと、アタッチメント食育を通して自分自身の「今」を振り返ることができました。
素敵な時間をありがとうございました。

その他(歯科衛生士)  神奈川県  [アタッチメント・食育54期]

「実際にどうすれば良いのか」にフォーカスして伝えたいと受講しながら感じた

日々の振り返りと復習になった。また、歯学等新しいことも学べた。インストラクターとして活動することを前提とするならば、対象者(子育てママなど)が実践できる具体的なもの(食べさせ方、選び方など)を充実させるとこの資格の活用の場が広がると思う。ニーズとして「実際にどうすれば良いのか」にフォーカスして伝えたいと受講しながら感じた。

   [アタッチメント・食育54期]

子どものためにも私の精神面の向上にもこの2日間はとても貴重な時間になりました

お腹の中に3人目がいる中で勉強させてもらいました。3人目はもちろん、上の子2人への愛情がより一層強くなりました。「早く会いたい」「たくさんお話しよう」など子どものためにも私の精神面の向上にもこの2日間はとても貴重な時間になりました。他の講座にも興味がわきました。

その他(自営業)  千葉県  [アタッチメント・食育54期]

この知識を職場だけでなく、個人的にもセミナーを開いて多くの方に知ってもらいたいです

実際に参加し、食育とアタッチメントの重要性をきちんと知ることができました。歯科の仕事をしていると、歯科だけでなく体全体や患者さんの生活まで見ていくことが大事だなと感じます。今までは、実際に詳しく説明することが出来なかったのですが、妊娠検診で来られた方にはリスクや食事面のサポートもしていきたいと思いました。また、この知識を職場だけでなく、個人的にもセミナーを開いて多くの方に知ってもらいたいです。

その他(歯科衛生士)  兵庫県  [アタッチメント・食育52期]

身の周りの困っている人、情報を欲しがっている人に今回の学びを伝え、自分でも自分の子育てに活かしていきたい

食育が生きることに深く関わる、とても重要なものだとよく理解できた。「~しなければいけない」ということではなく、親が楽しくしていれば、それが子どもにも伝わり、アタッチメント形成、子どもの身体、心の成長にプラスになる不可欠なものだということを学び、肩の力を抜いて、「~しなければいけない」と思わず焦らず楽しみながら育児をしていけそうという気持ちになれた。まずは、身の周りの困っている人、情報を欲しがっている人に今回の学びを伝え、自分でも自分の子育てに活かしていきたい。

その他(会社員)  兵庫県  [アタッチメント・食育52期]

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山 2-15-14 パックス金山4階

このページの先頭へ