小倉輝久さん:障がいのある子どもたちとお母さんのアタッチメントを育むベビーマッサージ

療育センターで園長をされている小倉さんは、発達に支援を必要とする子どもとその家族が取り組むことのできる営みとして、ベビーマッサージを取り入れています。

川島美保さん:「子育て支援」は「親支援」から

看護師養成や保育士養成を行う多くの大学は、地域貢献の目的で子育て支援活動をしています。この活動の一環として、川島さんは子育て支援団体を立ち上げました。

杉原美代子さん:医院を地域の子育てハブとして機能させる取り組み

杉原さんは、産婦人科医院で看護師として勤務し、この医院に通うマタニティ期から産後までの親子に対して、母親教室やベビーマッサージ教室を開催しています。

受講生の声

実際に受講された方々の受講後の感想をご紹介させていただきます。


Warning: session_name(): Session name cannot be changed after headers have already been sent in /home/deez/bowlby/app/Console/Include/beforeFilter.php on line 5

Warning: session_start(): Session cannot be started after headers have already been sent in /home/deez/bowlby/app/Console/Include/beforeFilter.php on line 6

Warning: Undefined variable $_SESSION in /home/deez/bowlby/app/Console/Include/beforeFilter.php on line 9

乳児期からの関わりの仕方がどれだけ需要か学ぶことができました

乳児期からの関わりの仕方がどれだけ需要か学ぶことができました。
少しの工夫で発達への影響がすごく変わることも知りました。子どもだけではなく、夫婦の問題やお母さんの捉え方など、育つ環境の背景までしっかりと学ぶことができたので、非常に勉強になりました。
私が知りたかった長所を伸ばす関わり方も知れたし、個性を見るとその子の性格によって全く変わってくるというのを改めて知りました。
きちんと伝えられるようにしていきたいと思いました。
先生の経験談などもたくさん聞くことができて、とても勉強になりました。講義もとても分かりやすく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
ありがとうございました。

看護師  愛知県  [育児セラピスト 後期課程(1級)110期]

愛着が大事、親子関係が大事と頭で分かってはいたが、どうして大事なのかということを人間の心理、発達の面を学びながら深く知ることができました。

愛着が大事、親子関係が大事と頭で分かってはいたが、どうして大事なのかということを人間の心理、発達の面を学びながら深く知ることができました。
また、発達について、保育者の目線から見て考えて、保育の中身につなげたり親に伝えたりしていたが、今回は子育てという視点から学ぶことができたので、母親や父親の心の面にも寄り添いながら、子育てにおいて大事なことを共有していけたらいいなと感じました。
話すことが苦手(こう思われたらどうしよう…など)な私にとって、今回の温かく和やかな雰囲気の中で講座を受けさてもらい、緊張せず自分の思ったことを伝えられたり、今まで知らなかった知識、他者の意見を聞き、意見交換をできたこと、私にとって学びの多い2日間でした。
たくさの質問をしてしまいましたが、丁寧に答えていただきありがとうございました。

保育士    [育児セラピスト 後期課程(1級)110期]

心理学はとても深い

一番思うことは、心理学はとても深いなということです。
沢山の研究者の思想を見て、様々な角度から物事を考えられるなと思ったのと同時に、似ているような考え方、共通点もたくさんあると思いました。
大切なことはどの学者さんも言っていましたが、無条件の愛情を受けることなんだなと思いました。
また、今回はオンラインでの参加となりましたが、様々な都道府県からのご参加、様々な立場での受講ということで、たくさんの考え方を共有できたこことがとても楽しかったです。
また、自分の考えを外へ発信することの難しさや、それに伴った楽しさも感じることができてました。
ありがとうございました。

保育士  千葉県  [育児セラピスト 後期課程(1級)107期]

すべての根源は育児ではないかと思うほど、手をかけることの重要さを再認識した。

率直に受講して本当に良かったと思った。費用や時間も結構かかるし、受講を決断するのにかなり悩んだが、すごく沢山のことを吸収させていただけたと思う。
改めて育児は難しくて大変なことだと思ったが、それ以上に興味深くて楽しくて素晴らしいことだなと感じることができた。
すべての根源は育児ではないかと思うほど、手をかけることの重要さを再認識した。自分がこれから保育士として働く上での子ども達との関係づくり、環境設定、保護者対応など、育児セラピストの知識を活かしてより良いサポートができるように、さらに勉強していきたいと思う。
普段出会うことのできない、各地で様々な活動をされている皆さまとお話し、ワークを通して、様々な考え方に触れることができて楽しかった。
2日間ありがとうございました。

その他(保育補助)  愛知県  [育児セラピスト 後期課程(1級)107期]

何となく聞いたことがあるような心理学や子育ての知識をしっかりと理解することができた。

とても勉強になりました。
何となく聞いたことがあるような心理学や子育ての知識をしっかりと理解することができて、とても良かった。
それぞれの理論や学問の相違点をみることが多かったが、共通点を考えることで、大きな方針や正解と思える考え方を見つけられている気がして、今後の活動にもとても役立つと感じている。
様々なワークがあり、参加者の方とも打ち解けながら受講できて、とても楽しい2日間になった。ありがとうございました。

その他(団体職員)  岩手県  [育児セラピスト 後期課程(1級)107期]

保護者に向けての関わり方、接し方を想像しながら講義を受けることができたと思う。

育児セラピスト1級は、実際の子育てに悩む両親に向けてアプローチできる実践的な講義内容が多く、自分が保護者に向けての関わり方、接し方を想像しながら講義を受けることができたと思う。
また、個別のグループワークがあることにより、話し方を工夫したり、聞き方を注意したりと、カウンセラーとしての技術面を磨く必要性を感じた。
今回の講義で学んだことを活かして、少しでも子育てがしやすい環境づくりや社会の一員として励みたいと思う。

その他(学生)  兵庫県  [育児セラピスト 後期課程(1級)107期]

保護者の方々を癒すことができたら良いな、安心感を与えたいなと思いました。

自己対象体験を意識すると、相手をしっかりと観察し相手が求めていることを伝え、保護者の方々を癒すことができたら良いな、安心感を与えたいなと思いました。
また、机上の勉強は12歳からという話から、より一層園の子ども達に沢山色々な体験をさせてあげたいなと思いました。
頂いた資料を繰り返し読み返し、理解を深めたいなと思います。
また、色々な方の話も聞くことができて、楽しく学ばせて頂きました。ありがとうございました。

保育士  佐賀県  [育児セラピスト 後期課程(1級)107期]

それぞれの理論を横つなぎででみることがなかったので、繋がった感覚があった。

今まで発達について説いている理論について、学部の講義の中で少し学んではいたが、それぞれの理論を横つなぎででみることがなかったので、繋がった感覚があった。
ワークなどを通して実体験することで、少しでも自分の中に入ってきたのではないかと思う。
今後、学んだことを実践の中で使えるものとするために、復習して興味を持って広げること、自分の中に落とし込んでいきたいと思う。
少人数で比較的発言しやすかったのも良かった。2級から今回に渡り、丁寧なご指導をありがとうございました。

看護師  栃木県  [育児セラピスト 後期課程(1級)107期]

いくつになっても学ぶって楽しいなと気づけました

ベビーマッサージと育児セラピスト2級を申し込むときに同時にこの講座も申し込みました。自分の仕事をしていく上で、とても必要だと直感で思いました。発達心理学を学べ、学術的根拠や歴史的背景もしっかり学べました。知らなかったことを学べる楽しさも久しぶりの感覚でした。いくつになっても学ぶって楽しいなと気づけたので嬉しかったです。子育ては本当に楽しく、温かく、親子の関係においても触れあい、対話することの大切さを学べました。子育て支援センターでお母さんたちへ愛を持って寄り添い、自分の言葉で柔らかく伝えていこうと思います。子育ての楽しさをたくさん感じてもらいたいし、お母さんたちを少しでもいやしていけたらと思っています。

保育士  埼玉県  [育児セラピスト 後期課程(1級)108期]

自身だけの知識にとどめず、発信をしたり、伝えることでさらに深めていきたい

コフートワークでは話を聞く時のポイントを知ることができ、それによって相手の思いを受け止めていくことができる反面、適切な対応をしていく大切さを感じました。まずは受け止めることを現在も大切にしていますが、共感することに重きをおく対話法は、相談をする側も受け止めてもらえた、という満足感を得ることができ少し話すだけで心がスッキリしたをいう感覚がありました。
発達心理学については自身も学びを深めたい分野であったため、知識が深まったので常に振り返ったり、自身だけの知識にとどめず、部下や保護者にワンポイントアドバイスとして発信をしていったり、伝えることで自身の知識もさらに深めていきたいと思います。
アタッチメントワークショップの企画では、それぞれどこに重きをおいて親と子だけではなく、パパとママのアタッチメントを目的としたワークを考え他の方の意見や考えを聞くことで、今後自園でもベビーサロンを開催する際に実際に行ってみたいと思いました。
たくさんの学びがあり、ワークも多く楽しい時間をすごせました。

保育士  東京都  [育児セラピスト 後期課程(1級)108期]

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

                       

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒456-0002 愛知県名古屋市熱田区金山町1丁目13-14アールワン金山3F

このページの先頭へ