小倉輝久さん:障がいのある子どもたちとお母さんのアタッチメントを育むベビーマッサージ

療育センターで園長をされている小倉さんは、発達に支援を必要とする子どもとその家族が取り組むことのできる営みとして、ベビーマッサージを取り入れています。

川島美保さん:「子育て支援」は「親支援」から

看護師養成や保育士養成を行う多くの大学は、地域貢献の目的で子育て支援活動をしています。この活動の一環として、川島さんは子育て支援団体を立ち上げました。

杉原美代子さん:医院を地域の子育てハブとして機能させる取り組み

杉原さんは、産婦人科医院で看護師として勤務し、この医院に通うマタニティ期から産後までの親子に対して、母親教室やベビーマッサージ教室を開催しています。

受講生の声

実際に受講された方々の受講後の感想をご紹介させていただきます。

ベビーマッサージが必要である根拠を発達心理学・アタッチメント理論を通してしっかりと学ぶことができたので教える自信に繋がりました

ベビーマッサージが必要である根拠を発達心理学・アタッチメント理論を通してしっかりと学ぶことができたので教える自信に繋がりました。自分のペースで無理なく活動できるよう頑張ります。

主婦  大阪府  [アタッチメント・ベビーマッサージ381期]

一緒に受講された方のレベルが高くて「私も頑張ろう」と思いました

一緒に受講された方のレベルが高くて「私も頑張ろう」と思いました。先生も丁寧に教えて下さりたくさんの素敵な知識を学べたと思います。2日間ありがとうございました。家で3歳の娘にベビマの練習に付き合ってもらおうと思います。

保育士  大阪府  [アタッチメント・ベビーマッサージ381期]

ワークも楽しくてアタッチメントがなぜ必要なのか育児中の私にはすごく勉強になることが多かったです

はじめは不安でしたが、一緒に学ぶ仲間がいて2日間すごく楽しかったです。ワークも楽しくてアタッチメントがなぜ必要なのか育児中の私にはすごく勉強になることが多かったです。一緒に受講した皆さんの志が高くいい刺激をもらえました。講師の先生もすごく優しくて教え方が分かりやすくて、もっと学びたいと思いました。

その他(会社員)  大阪府  [アタッチメント・ベビーマッサージ381期]

講座の中では否定的なところは全くなく、柔らかな雰囲気が根底にあり、そのような雰囲気がとても大切なのだということを学びました

とても楽しい講座でした。ありがとうございました。講座の中では否定的なところは全くなく、「間違ってもいいんだよ」「それで大丈夫」といった柔らかな雰囲気が根底にあり、そのような雰囲気がとても大切なのだということを学びました。親と子の愛着形成にアタッチメントベビーマッサージがとても良いということがよく分かりました。

幼稚園教諭  滋賀県  [アタッチメント・ベビーマッサージ381期]

色々な職業の方がいるからこそ、色々な視点でアタッチメントベビーマッサージについて考え、向き合うことができました

本当に楽しく、分かりやすく学ぶことができました。保育士という仕事柄、アタッチメントについて理解していましたが、改めて大切さと基盤を確認することができました。どの方も穏やかでアットホームな雰囲気で学べて本当に参加して良かったです。色々な職業の方がいるからこそ、色々な視点でアタッチメントベビーマッサージについて考え、向き合うことができました。ありがとうございました。

保育士  京都府  [アタッチメント・ベビーマッサージ381期]

毎回参加させて頂くごとに改めてアタッチメントの大切さ、素晴らしさを実感します

毎回参加させて頂くごとに改めてアタッチメントの大切さ、素晴らしさを実感します。自分の中での気付きも沢山あり、今日のシンポジウムのお話の中で「10年先のことを見据えて」というところで、これからもアタッチメントを自分の生活や仕事、ライフワークにして生きていきたい!!と強く思いました。少しずつ自分も成長しながら、子育てされるお母さん、お父さん、皆さんにアタッチメントについて伝えていきたいと思います。ありがとうございました。

保育士  滋賀県  [シンポジウム10期]

情報や悩みを皆様と共有することが励みになりました

情報や悩みを皆様と共有することが励みになりました。沢山の情報が溢れる時代だからこそ、振り回されないためにも本当の情報、生の声を聴いて心に響くかを大切にしたいと思いました。アタッチメントの伝え方を再認識して、初心を忘れず、さらなる親子支援ができるように活動していきたいと思います。

保育士  佐賀県  [シンポジウム10期]

改めて今の自分に何ができるのか、どう支援していくべきかなどの視野が広がりました

沢山の学びがあり、家に帰ってまとめないと頭がパンパン!!という程、充実した1日でした。特別基調講演での「愛着障害」についてもより深く学びたくなりました。アタッチメントベビーマッサージ教室をしていく上でも、自分の子育てにおいてもより良い関係性を築いていきたいなと思いました。
また、実践発表からも多くの学びを得ることができました。自分自身も今よりさらにステップアップして、より多くのお母さんとお子さんと関わりを持てたらいいなと思います。自分の目標やその根底にある願いをもう一度見つめ直す機会となり、改めて今の自分に何ができるのか、どう支援していくべきかなどの視野が広がりました。

その他  兵庫県  [シンポジウム10期]

それぞれの職種ならではの介入の仕方や考え方を知ることができ、自分の考えの幅が広がったように思います

愛着形成への理解を深めるとともに、様々な方と交流しコミュニケーションをとることができました。コミュニケーションの中でそれぞれの職種ならではの介入の仕方や考え方を知ることができ、自分の考えの幅が広がったように思います。機会があればまた参加したいです。

その他(学生)  大阪府  [シンポジウム10期]

子どもの立場を大事にされている先生のお話は具体的でとても理解しやすく学びが深まりました

特別基調講演では、「愛着障害」と「発達障害」の違いがよく分かりました。子どもの立場を大事にされている先生のお話は具体的でとても理解しやすく学びが深まりました。
また、優秀実践者の発表も素晴らしく学ぶことが多くありました。グループワークでは、その人それぞれの経験値で語り合い、「どのようにしたらいいか」「どのようにプログラムを作るか」グループとしての考えをまとめていく過程がためになり、他グループの発表も参考になることが多く本当に学びの多い1日でした。

子育て支援事業  広島県  [シンポジウム10期]

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山 2-15-14 パックス金山4階

このページの先頭へ